燕岳(つばくろだけ)の山情報 | 山ハレ鳥トケ - 山歩きと暮らしのマガジン

燕岳(つばくろだけ)

山ハレ鳥トケ >  全国の山情報 >  北アルプスの登山情報 >  燕岳(つばくろだけ)の登山情報

北アルプス・表銀座の玄関「燕岳」ケーキが食べられる「燕山荘」も大人気

【山域】北アルプス南部【標高】2,763m
燕岳(つばくろだけ)

北アルプスの表銀座は中房温泉から出発し、燕岳→大天井岳経由で槍ヶ岳を目指すコースです。

その玄関口となるのが「燕岳」です。

表銀座コースは体力や技術が必要なため登山初めて間もない方は、北アルプスの入門コースとして燕岳までを目指し、燕岳にある山小屋「燕山荘」に1泊するのが一般的です。

入門コースと聞くとそれほど難易度は高くないというイメージですが、燕岳まで行くには合戦尾根と呼ばれる「北アルプス三大急登」の一つを登るのでそれなりの体力と装備が必要です。

そんなところから燕岳は北アルプスデビューしたくなってきた人にはとてもおすすめな山です。

燕岳(つばくろだけ)の基本情報

燕岳の場所や特徴、山で見られる植物など基本情報をご紹介します。

燕岳(つばくろだけ)の場所

燕岳は、長野県大町市、安曇野市の飛騨山脈(北アルプス)にある標高2,763 mの山です。日本二百名山、新日本百名山に選定されています。

自動車で行く場合は中房温泉下に駐車場があり、約120台駐車可能です。交通機関を利用される場合は、JR穂高駅からバスが出ており中房温泉で下車します。

燕岳(つばくろだけ)の特徴やおすすめポイント

山名の由来は春の雪形がツバメに似ているためという諸説が一般的ですが、山容全体がツバメが羽を広げたような姿に見えるからという説もあります。

燕岳の頂上付近は、白い花崗岩と緑のハイマツで構成された幻想的な景色が見られるのが特徴です。

花崗岩の中にはイルカ岩、メガネ岩いった特徴的な形をした岩が有名で、探すことについつい夢中になってしまいます。

形がイルカに似ている?イルカ岩

燕岳には登山客から絶大な人気を誇る山小屋「燕山荘」があります。特に女性からの人気が高いことで知られていますが、その理由として…

「設備が充実」
「トイレが綺麗(水洗)」
そして「山でケーキが食べられる」

など、普通の山では味わえない魅力がたくさんあります。

山で食べるケーキは、地上で食べる時とは一味違い、とても美味しく感じます◎山小屋ではケーキ以外にも飲食品が販売されているのでゆっくりとくつろぐことができます。

燕岳の頂上や燕山荘からは、北アルプス(槍ヶ岳、穂高連峰、常念山脈など)、天気が良ければ富士山、南アルプス、八ヶ岳など、日本の高峰を一望できます。

アルプスの入門として是非訪れてみてください。

燕岳(つばくろだけ)で見られる花や植物

燕岳には高山植物の女王として親しまれているコマクサの群生があることで有名です。見頃は7月中旬~8月初旬ごろでその時期は多くの登山客で賑わいます。

春(4~6月)チシマギキョウ、など

夏(7~8月)コマクサ、クモマスミ、ゴゼンタチバナ など

秋(9~11月)トウヤクリンドウ、オオカサモチ など

燕岳(つばくろだけ)の天気

登山をする上で天気はもっとも重要な情報と言えます。平地は晴れていても山は雨なんてことも多々あります。特に夏の天気は変わりやすいため事前に天気の状況を把握しておきましょう。

全国レジャースポットの詳しい天気予報を掲載している「てんきとくらす」を参考にしています。

The following two tabs change content below.
山ハレ鳥トケ編集部です。一人ひとりの山歩きの物語や山の歴史を紹介します。山歩きレポートなどや山歩きあるあるをもとにした4コマ漫画など山歩きを楽しくするWEBマガジンです。

燕岳(つばくろだけ)に関連するキーワード

北アルプスの登山情報

全国の登山情報

全国各地の登山情報をご紹介しています。お立ち寄り温泉情報も必見!