高尾山(たかおさん)の山情報 | 山ハレ鳥トケ - 山歩きと暮らしのマガジン

高尾山(たかおさん)

山ハレ鳥トケ >  全国の山情報 >  関東の登山情報 >  高尾山(たかおさん)の登山情報

東京都にあるミシュランガイドにも認定された都会のオアシス「高尾山」

【山域】秩父山地【標高】599m
高尾山(たかおさん)

東京都で最も有名な山と言えば「高尾山」ですね。新宿から約1時間とアクセスも良く、毎年多くの登山客・観光客で賑わっています。

登山ブームの後押しもあり、山登りというより行楽地としての方が知られているかもしれません。コースも様々あり、一番楽に行けるケーブルカーを使うコースから高尾山口駅から歩く稲荷山コースなど一緒に行く人や気分に合わせてコースを変えて楽しめます。

高尾山(たかおさん)の基本情報

高尾山の場所や特徴、山で見られる植物など基本情報をご紹介します。

高尾山(たかおさん)の場所

高尾山は、標高599mの山で東京都八王子市にあります。秩父山地の東に位置し、明治の森高尾国定公園に指定されています。新宿駅から約1時間とアクセス良好なため気軽に行ける山として親しまれています。

高尾山(たかおさん)の特徴やおすすめポイント

高尾山は年間の登山者数が世界一を誇り、ミシュランの三ツ星に認定された場所としても有名です。今でこそ行楽地として知られていますが、元々は修験道の霊場であり山伏修行が行われたと言われています。

山頂付近にある「高尾山薬王院(真言宗智山派の大本山)」は、関東屈指の修験霊場とされています。また、高尾山には天狗が棲んでいるとされ天狗にまつわるものが多く見られます。

高尾山の頂上からは関東平野、房総半島、江ノ島、富士山を見渡すことができ、冬至の前後数日間には「ダイヤモンド富士」を眺めることもできます。秋には紅葉狩りで賑わい夏には高尾山ビアマウントが開催されるので、季節を通じて楽しめる山です。


高尾山(たかおさん)で見られる花や植物

高尾山では四季折々さまざまな植物や花を楽しめます。

春(4~6月)センボンヤリ、ノアザミ、ジュウニヒトエ など

夏(7~8月)ヘビイチゴ、オニユリ など

秋(9~11月)サルトリイバラ、リュウノウギク など

高尾山(たかおさん)のお立ち寄り温泉

高尾山を充分楽しんだ帰りは、汗を流して着替えたいですよね。日帰り入浴可能な温泉をご紹介します。

高尾山口駅近辺のお立ち寄り温泉

▼日帰り入浴可能なおすすめ温泉!

極楽湯

【料金】大人 1,000円 [シーズン料金]1,200円
【営業時間】8:00~23:00(最終入館受付 22:00)年中無休
【設備】内湯・露店風呂・休憩室
【その他】シャンプー・リンス

※料金や営業時間などの情報が古い場合がございます。直接ご確認くださいませ。

高尾山(たかおさん)の天気

登山をする上で天気はもっとも重要な情報と言えます。平地は晴れていても山は雨なんてことも多々あります。特に夏の天気は変わりやすいため事前に天気の状況を把握しておきましょう。

全国レジャースポットの詳しい天気予報を掲載している「てんきとくらす」を参考にしています。

高尾山(たかおさん)のグルメ

高尾山のケーブルカー駅の周囲にはお土産やお食事処がたくさんあります。高尾山で人気なグルメをご紹介いたします。

「香住(かすみ)」(食べログ)

高尾山グルメの中でも人気が高い「天狗焼」。サクサクした表面の中にたっぷり詰まっている特製の黒豆あんが絶品です。
【料金】天狗焼 ¥130

「高橋屋(たかはしや)」

高尾山の名物といえば「とろろそば」。創業が江戸時代という長い歴史を持つ老舗そば屋「高橋屋」のとろろそばは食べておきたい。
【料金】とろろそば ¥950

The following two tabs change content below.
山ハレ鳥トケ編集部です。一人ひとりの山歩きの物語や山の歴史を紹介します。山歩きレポートなどや山歩きあるあるをもとにした4コマ漫画など山歩きを楽しくするWEBマガジンです。

高尾山(たかおさん)に関連するキーワード

関東の登山情報

全国の登山情報

全国各地の登山情報をご紹介しています。お立ち寄り温泉情報も必見!