自然ガイド資格を取りたい。何からはじめる? − 自然ガイドへの道 | 山ハレ鳥トケ

自然ガイドの資格を取りたい。何からはじめる? − 自然ガイドへの道

山ハレ鳥トケ > 山歩き・暮らし > 山と暮らしのマガジン > 自然ガイドの資格を取りたい。何からはじめる? − 自然ガイドへの道

自然ガイド資格を取りたい。何からはじめる? − 自然ガイドへの道

「山歩きのことを体系的に学びたい」

そう考えるようになったのは、山登りを始めて2年が経とうとするときでした。山登りはあまりソロでは行かずに、誰かと行くことが多いのでこの機会にガイド資格を取って自然の案内ができたらいいなあと決心したのです。

「自然ガイドへの道」と称して、これから資格取得までに学んだこと、やったことを書いていきます。同じ価値観や目標を持った人の参考になれば幸いです。



自然ガイドになるためには

自然ガイド資格を取りたい。何からはじめる? − 自然ガイドへの道

自然ガイドになるには資格が必要?

自然ガイドをやることに実は資格は必要ありません。今から僕も「自然ガイドやってます!」といえばできるのです。

だからといって誰にでもできるものでもありません。多くの登山経験があることはもちろんのこと、登る山のコースやリスク回避、同行者の体力の調整、天候の判断、何かあったときのためのファーストエイドなど、山の中で起こる様々な事象の対応と判断を連続的にしなくてはなりません。

さらに同行者に山を楽しんでもらうために、登っている山の歴史や成り立ち、そこから見える山々のことなど、山や地域、風土や民俗の知識も必要になってきます。

資格は「日本山岳ガイド協会」が発行

自然ガイド(ネイチャーガイドとも呼ばれます)をするにはどうすれば良いでしょうか。現状をみると資格ありなしを含めて大きく3つに分けられています。

・民間でガイドを行う(資格なし)
・自治体主導でガイドを行う(定められた条件を満たす)
・日本山岳協会が発行する資格を取得する

僕が目指しているのは「日本山岳協会」が発行する自然ガイド資格をとることです。

本来の目的である「山のことを体系的に学ぶ」ためには、一番効率よくわかりやすい道だと考えています。もっときちんと学びたい方は国際自然環境アウトドア専門学校という資格取得に向けた学校もありますので、そこで学ぶのもいいかもしれません。

ガイド資格には自然ガイドだけではなく、ガイドができる対象範囲やレベルに応じた資格が発行されています。

日本山岳協会が発行する資格の種類

・自然ガイドステージⅠ
・自然ガイドステージⅡ
・登山ガイドステージⅠ
・登山ガイドステージⅡ
・登山ガイドステージⅢ
・山岳ガイドステージⅠ
・山岳ガイドステージⅡ
・国際山岳ガイド

その他にも「フリークライミングインストラクター」や「スキーガイドステージⅡ+登山ガイドステージⅡ」も用意されています。

この中で目指しているのは「自然ガイドステージⅠ」で、試験は筆記と実技があるようです。実技試験は何日か泊まって行うようなので仕事をされている方はお休みをとる必要があります。

「自然ガイドステージⅠ」の内容的には

国内において 無積雪期に、人間社会と隣接する里地・里山・山地・高原において自然、歴史、民俗等を解説する自然ガイド行為を行う事が出来る。※自然ガイド単独資格者は、ピークハントが主たる目的となる登山ガイド業務は、行ってはならない。

となっています。

僕がやりたいことは「国内において無積雪期に、人間社会と隣接する里地・里山・山地・高原において自然、歴史、民俗等を解説する自然ガイド行為」で十分なので、これより先のガイドは望んでいません。(今のところ!)

「自然ガイドステージⅡ」との違いはガイドの対象範囲の差ですね。もしかすると欲が出てステージⅡの資格を取りたくなるかもしれませんが、まだ何もできていないので、他のことは考えず目的に向かっていきます。

各資格について細かな内容は日本山岳ガイド協会のホームページにてご確認ください。

自然ガイド資格の応募条件を満たすためには

自然ガイド資格を取りたい。何からはじめる? − 自然ガイドへの道

自然ガイドの応募条件とは

「自然ガイドステージⅠ」の試験を受けるためには条件を満たさなければいけません。

受験資格の項目にはこう記されています。

「満20歳以上で健康で体力があり、通算100日以上の自然活動経験を有する者」

年齢や体力は問題ないとして「100日以上の自然活動経験」とは一体なにをもって自然活動経験というのかがわかりませんでした。それをどのように証明するのかも今の時点では不明なのでどこかで掘り下げる必要がありそうです。そもそも自然活動経験がなんなのかをみていきます。

自然活動経験とは・・

自然活動経験について調べてみると、さすがウィキペディア先生といわんばかりに出てきました。他のサイトも同じようなことが書いてあるので恐らく下記のことだろうと想定します。

自然の中で自然を利用して行う各種活動であり、具体的にはキャンプ、ハイキング、スキー、カヌーといった野外活動、動植物や星の観察といった自然・環境学習活動、自然物を使った工作や自然の中での音楽会といった文化・芸術活動、一次産業体験(農作業体験・漁業体験等)などを含んだ総合的な活動である。(Wikipediaより)

う〜ん、とにかく自然でなにかしらの経験を100日以上積んだかどうかということなのでしょうか。もちろんネットに書いてあることと、日本山岳ガイド協会が求めている「自然活動経験」の定義が違うかもしれないので証明する方法とともに確認する必要がありそうです。

登山経験と併せて過去のキャンプやハイキングを合算すると恐らく100日以上は経験してる気がしますが、一度洗い出して整理してみます。そもそも日数が足りなかったら応募することすらできないのでかなり重要なポイントです。

自然ガイドを学ぶための教本を取り寄せる

自然ガイド資格のことを学ぶためには「日本山岳ガイド協会」が販売している教本をいくつか取り寄せる必要があります。本屋に売っていないか回ってみましたがどこにも見当たらなかったことから「日本山岳ガイド協会」ホームページから購入するしかなさそうです。

ということで早速購入することに。今回自然ガイド資格ということで下記の3冊を購入しました。

・ガイドの基礎的知識教本 改訂版(3,000円)
・自然・登山ガイドの専門的知識教本 (3,000円)
・山のファーストエイド教本 (3,000円)

筆記試験の問題集も販売していますが、これを先に見てしまうと「試験対策」としてのお勉強になってしまうので最後に購入することにします。その他の本ももしかすると必要になってくるかもしれませんが、そのときはそのときに購入しようと思います。自然ガイドの資格を取りたい人はこの本を買って!というセットになっているとありがたいですね。

本の購入はFAXして料金を銀行口座に振り込む

ネットの便利さに慣れてしまった人にはハードルが高くなりますが、本の購入は指定の用紙をプリントアウトして、欲しい本にチェックと必要事項を記入してFAXします。その後、指定の銀行口座に料金を振り込みます。今回は合計9,000円を指定の口座に振り込みしました。

しばらく時間がかかるのかなと思っていましたが、なんと料金を振り込んでからわずか2日で届きました!早い対応ありがとうございます。本が届くと一層モチベーションが上がりますね!

今回僕は3冊でしたが、これが正解ではないのでご自身が必要だなと思ったものを購入するようにしてください。本の購入ページはこちらになります。

もっと知りたい自然ガイドのこと

自然ガイド資格を取りたい。何からはじめる? − 自然ガイドへの道

資格なしでのガイドはどんなもの?

ガイドを応募している会社の多くは「資格を取得している人」が必須なこともあり、ガイドをしている人のほとんどが資格を持っています。資格なしで自然ガイドもできるとありましたが、実際どんなものなのか気になりますね。

資格を必須としていない場合のガイドは、自治体や民間の団体が開催する子どもと一緒にする自然体験や短時間のハイキングといったもので、比較的小さな規模で行われてるものが多いようにみえます。

もちろん資格がないといっても経験豊富な人が案内するので、参加する場合は不安にならずに案内人やイベント情報をよく見て判断してください。

地域で認定する自然ガイドはどんなもの?

ガイド資格はなくても、そのエリアならではの条件に合格できれば自治体公認のガイドになることも可能です。有名な公認ガイトとして世界自然遺産に認定されている「屋久島公認ガイド」や「白神山地のガイド」が挙げられます。

その他にも広大な自然を誇る北海道では地域ごとに公認ガイド制度がありますし、ジオパークと呼ばれる古代の地層を案内する公認ガイド制度も各地にあります。

山好きが集まる長野県でも「信州登山案内人」というエリア限定のガイド資格もあるので、既に好きなエリアが決まっていれば、そこだけの公認ガイドを目指すのも良いですね。

まとめ

「ガイドは人の命を預かっている」という心構えも必要です。トムラウシ山遭難事故や白馬遭難事故などガイド付きの登山ツアーで起きた事故は引率したガイドに責任が問われます。それは僕の目指している自然ガイドも同じこと。

山は楽しい反面、危険なことも起こりうるものです。その場その場で的確な判断や対応が求めらることを理解しないといけません。

将来的にどれくらいの頻度でガイドの仕事をするかどうかは未定ですが、「山歩きのことを体系的に学びたい」という思いを実現すべく、自然ガイドへの道を歩いていきます。今回は第一歩として自然ガイドの資格について知り、必要な教本を取り揃えました。これから色々学んでいくのが楽しみです。

▼山歩きを始める前に読んでおきたい本

¥1,296

四角 友里 (著)


amazonで購入

The following two tabs change content below.
山ハレ鳥トケ編集長。壮大な景色も好きだけど、山の中の小さな世界に魅力を感じます。里山、山城、街道など山と人の間を巡る山歩き紀行を書いてます。

関連記事

この記事に関連するキーワード

新着マガジン