テント泊登山の光と闇。重たい荷物にご用心! | 山ハレ鳥トケ - 山歩きと暮らしのマガジン

【登山マンガ】テント泊登山の光と闇。重い荷物にご用心!

山ハレ鳥トケ > 山歩き・暮らしの > 登山マンガ > 【登山マンガ】テント泊登山の光と闇。重い荷物にご用心!

登山マンガ第8回のテーマは「テント泊登山」です。登山に慣れてくるとやってみたくなるテント泊。最初は気分も舞い上がり、あれもこれもと持っていきたくなるものです。衣食住を背負う山登りはなかなかしんどいものです…。

【登山マンガ】テント泊登山の光と闇。重たい荷物にご用心!

初めてのテント泊登山で知っておきたいこと

テント泊セットの費用と重たい荷物

テント泊登山の最初の難関はズバリ「お金」です。テント、シュラフ、マットは必要なのでまとめて揃えると8~10万ぐらいは初期費用としてかかります。もちろん安いものもありますが、身を守る意味でも質のよいものを揃えることをおすすめします。

次の難関は「荷物」です。宿泊する日数にもよりますが、1泊分としても、テント、シュラフ、マット、着替え、(必要なら)山ごはんセット、レインウェア、ストック、水などの必要なのを全てザックに詰め込んで山登りをしなくてはなりません。

テント場をどこにするかにより変わりますが、重い荷物を背負いながら長時間歩くと、肩が痛くなり足にもかなりの負荷がかかります。体力に自信のない方には修行のような山行になるかもしれません。

テント泊デビューは歩行距離が短いルートを選ぶ

最初はテント泊がどのようなものかもわからないので、慣らすためにも歩行距離が短いルートを選ぶのがおすすめです。

例えば登山口にテント場があるところや、登山口からテント場までの距離が短いところです。どちらもテント場に荷物を置いて行けるので、山頂まで重たい荷物を背負う必要がありません。

僕のテント泊デビューは八ヶ岳にある行者小屋のテント場を利用しました。歩行距離はそれほど長くなく、沢沿いを歩くので急な登りがないコースです。他にも美濃戸口〜赤岳鉱泉のコースもあり、八ヶ岳はテント泊デビューにも良い場所です。

4コママンガのように、荷物の重さにやられて「こんなに辛いなら2度とテント泊はやらない!」と闇に落ちてしまうこともあるかもしれませんが、テント泊ならではの楽しみ方があるので後悔よりも満足度の方が高くなると思っています。

重さに慣れてくると山の選択肢も増えるので、より登山を楽しむことができるようになります。複数人でテント泊登山をするなら荷物の分担できるので、最初は気の合う仲間でゆるくやってみるのもいいですね。

あなたの山の物語を募集中

山ハレ鳥トケでは山歩きで感動したことや不思議なこと、面白かったこと、ほのぼのしたことなどの体験を登山マンガや記事に掲載していきます。

私の体験を是非マンガや記事にして欲しい!という方は下記のフォームより投稿ください。必ず採用するとは限りませんがあたなの山歩き物語を少しだけ共有いただけると嬉しです。

▼テント泊登山で必要なもの

THERMAREST(サーマレスト)


amazonで購入

▼Twitterで登山や里山歩き、メディア運営のことをつぶやいてます

The following two tabs change content below.
山ハレ鳥トケ編集長。壮大な景色も好きだけど、山の中の小さな世界に魅力を感じます。里山、山城、街道など山と人の間を巡る山歩き紀行を書いてます。

その他の山歩きマンガ

ピックアップ記事