登山の楽しみ方は人の数だけある。飽きることのない山に魅了される理由 | 山ハレ鳥トケ - 山歩きと暮らしのマガジン

登山の楽しみ方は人の数だけある。飽きることのない山に魅了される理由

山ハレ鳥トケ > 山歩き・暮らし > 山と暮らしのマガジン > 登山の楽しみ方は人の数だけある。飽きることのない山に魅了される理由

登山の楽しみ方は人の数だけある。飽きることのない山に魅了される理由

登山を始めて山の魅力の虜になった人は少なくありません。季節を楽しんだり、自然と触れ合ったり、達成感を感じたり…登山には人それぞれ楽しみ方があります。同じ山でも季節やルートを変えるだけで楽しみ方は倍増しますね。山に行けば非日常の世界が広がっていて、新しい自分に出会えることさえあります。登山の魅力、楽しみに方に迫ってみます。



多様にあふれる登山の楽しみ方

登山の楽しみ方は人の数だけある。飽きることのない山に魅了される理由

自然と触れ合うことを目的とした登山

登山をしたことのない人は重い荷物を背負って汗をかきながら山を登るのはつらい修行でしかないと思うかもしれませんが、登山の楽しみは「旅」の楽しみと同じです。最終目的地だけを目指すのではなくその「過程」を楽しむのです。

山の魅力と言えばなんといっても「自然」でしょう。森林浴をしたり、新鮮な空気を吸ったり、木々のほのかな香りを感じたりすると心が洗われる気分になります。

きれいな景色、高山植物や花を見たりするのも楽しいものです。滝を見たり、野生生物と出会ったり、鳥のさえずりを耳にしたり…と忙しい日常を忘れて気分をリフレッシュすることができます。

登山は山の旅です。ワクワクしながら準備することや下山後の温泉や食事を楽しみにするのもいいですね。

登頂を目指し壮大な景色を楽しむ

登山するなら頂上を目指したいと思う人がほとんどでしょう。山頂からの景色はまさに絶景です。登頂すれば平野を見渡したり、山々が連なった景色を見たり、登った人にしか味わえない経験ができます。

登頂すると深い満足感を得られます。登る過程も楽しいものですが、「登頂する」というピンポイントな目標を成し遂げることで明確な達成感を感じることができます。

自分の足で歩き、自分の力で登り切ったという満足感を一度味わってしまうともう登山の虜です。

日本には小説家の深田久弥が著した「日本百名山」という標高1,500m以上の山で品格・歴史・個性を備えた山が100座選ばれています。100座登頂を目指し、1座制覇する度にタイトルを獲得するような達成感に楽しみを見出している人も少なくありません。

同じ山でも登るたびに新しい発見がある

登山の楽しみ方は人の数だけある。飽きることのない山に魅了される理由

季節ごとに違う山の風景

山は四季折々に美しい表情を見せてくれます。同じ山でも季節が違うだけで新たな感動に包まれます。

春の山は生命の躍動感にあふれています。春の花や若葉が萌え、さわやかな山歩きを楽しむことができます。山桜や山つつじなどの花が山をピンクや赤に染めた壮大な景色や若葉や新緑からマイナスイオンのシャワーを浴びることができる季節です。

夏は高山植物が咲き乱れ、緑が深みを増します。汗をたっぷりかき、達成感を感じるのは夏山かもしれません。

秋はなんといっても紅葉ですね。彩り豊かな赤や黄に染まった山は圧巻です。栗や銀杏などを収穫できるのも秋山の魅力ですね。

冬は雪の白、空の青が美しく、静かな山を楽しむことができます。初心者には難易度が伴いますが、経験者に同行してもらい、きちんとした装備で、天気の良い日に低い山に望むなら楽しむことができるでしょう。

ルートを変えれば同じ山でも発見がある

同じ山でもルートを変えるだけで楽しみ方が変わります。例えば、人気の高尾山には大きく6つの登山コースがあり、距離や難易度、植生の違いなどそれぞれに特徴があります。普段着でも気軽に登れるコースからつり橋のあるコース、滝や川のあるコース、ハードなコースなどさまざまです。

行きと帰りのコースを変えてみるだけでも随分違った景色を楽しむことができます。季節とコースを変えるだけでいろんなバリエーションの登り方ができます。同じ山でもいつも新鮮な登山を楽しむことができますね。

同じ山に何度も登ることから楽しさを見出している人もいます。大阪の最高峰「金剛山」に1万回以上登った人が11人います。山頂でハンコを押してもらってカウントできるそうです。

四季や天気で景色が変わるので飽きないそうです。何回登れるかチャレンジする楽しみもありますね。

登山サービスを利用して楽しみ方を増やす

登山の楽しみ方は人の数だけある。飽きることのない山に魅了される理由

ガイドを受けて山の知識を学ぶ

個人やグループで登るのも楽しいものですが、時にはガイドを付けて登ると山の知識が増えて貴重な経験になります。ネイチャーガイドは見たい花、植物の名前や由来、絶景ポイントなどコースを熟知しています。参加者のペースに合わせてくれるので、安心して山の魅力に浸ることができます。

ガイドはコース案内だけでなく、歩き方や休憩の取り方など山歩きのコツを教えてくれます。そのような知識は登山を長く楽しむのに役立ちます。

また、ガイドが一緒にいれば普段は立ち入れないような自然保護エリアに特別に足を踏み入れられる場合もあるそうです。

景色を単に楽しむのもいいですが、ガイドを付けたり、ビジターセンターでの説明を受けたりすることで、山の知識が増えると山の魅力がますます倍増します。

一人登山が不安ならツアーに参加する

「山登りをしたいけど一緒に行ってくれる人がいない!」そんな場合はツアーに参加してみるのはどうですか?単独登山は危険ですが、一人参加可能なツアーや女性限定ツアーもあります。同じ気持ちの人ばかりですよ。

ネットで登山のコミュニティサービス、地域の登山愛好会、旅行会社の登山ツアーなどから探すことができます。

はじめは初心者ツアーを選ぶといいでしょう。靴の選び方、紐の結び方からなんでも丁寧に教えてくれます。団体なので交通費も安くおさまり、時間も短縮できます。

ツアーに参加するとガイドが歩き方、呼吸法など登山に必要な知識を教えてくれますし、その土地ならではの情報を教えてくれるので新しい知識が増え、楽しさも増えます。

まとめ

今回ご紹介した登山の楽しみ方はほんの一部でどれが一番良いということはありません。百人いれば百通りの登山の楽しみ方があるように、人それぞれなのです。

登山をしながら山の歴史を巡ったり、山に登らないと辿りつけない奥宮を目ざすというのもありますね。下山後にはその里で宿泊して温泉、観光を楽しむなど数えきれない楽しみ方があるのです。

飽きることのない山の魅力にどっぷり浸かり、あなただけの楽しみ方を見つける山旅をしてみてください。

▼山旅に誘う本たち

あなたを山旅に誘う本をご紹介します。よ読むだけで行きたくなりますよ。

▼山ハレ鳥トケ公式Twitterをフォロー

山ハレ鳥トケの公式ツイッター「トリトケちゃん」です。登山や里山歩きに関わる情報をつぶやきます。フォローされると喜びます。

The following two tabs change content below.
山ハレ鳥トケ編集部です。一人ひとりの山歩きの物語や山の歴史を紹介します。山歩きレポートなどや山歩きあるあるをもとにした4コマ漫画など山歩きを楽しくするWEBマガジンです。

関連記事

  • 関連記事はありませんでした

この記事に関連するキーワード

新着マガジン