山仲間はどうやって探すの?山仲間の探し方 | 山ハレ鳥トケ

山仲間はどうやって探すの?山岳会やネットから山仲間を探す方法

山ハレ鳥トケ > 山歩き・暮らし > 山と暮らしのマガジン > 山仲間はどうやって探すの?山岳会やネットから山仲間を探す方法

山仲間はどうやって探すの?山仲間の探し方

登山を始めるきっかけは友人に誘われたり、まわりにやっている人がいるからというケースが多いかと思います。最初のころは登山のことを知るためにもついて行った方が良いですが、経験を積んでいくうちに自分の登山スタイルが確立されていきます。また、行きたい山や日程を合わせることが困難になってくるのも事実です。

そんな時、山仲間がいると心強いですね。一緒に登山計画を立てたり、交通費を折半したりなど良い点がたくさんあります。今回はそんな山仲間をどこで探せばよいのかご紹介いたします。気の合う山仲間を探し、楽しい登山ライフを実現させましょう!



登山の王道「山岳会」に入って山仲間を探す

昔から山仲間を探す場としてあるのが「山岳会」です。同じスタイルや目的を持った登山者が集まる山岳会は、初心者向けのハイキングや低山から、上級者向けの登山、クライミングまで会によって様々です。

公益社団法人 日本山岳協会の中に都道府県ごとに山岳連盟があり、その中に多数の山岳会が所属しています。自分の登山スタイルに合い、近いエリアの山岳会を目安として探すことが大切です。

山岳会のメリット

山岳に入るメリットとしては、入会することで自分の登山スタイルと同じ山仲間を探すことができます。また、先輩から技術を学ぶことで難しい山にチャレンジできるよになります。独学で学ぶより、安全に効率よく登山技術を身につけることができます。

山岳会のデメリット

山岳会のデメリットとしては、会費の支払やルールの厳守、運営に協力するなどの義務が発生します。会によっては月1回定例会が開催され、山行報告をする場合もございます。

山岳会で山仲間を探すには

山岳会の探し方としては、まずはインターネットで情報を集めどこの会が自分に向いているか選定しましょう。その中で気になる山岳会があったら、おそらくどこも体験入会を実施しているので、一度参加してみてどんな人がいるのか、自分に合っているかを判断して決めるのが一般的です。

登山スキルを学びたい方には山岳会がおすすめです。各都道府県の山岳連盟を知りたい方はこちらの一覧をご確認ください。

登山サークルに入って山仲間を探す

masa_ycoさん(@masa_yco)がシェアした投稿

登山サークルに入って山仲間を探すのも山岳会と同じく一般的な方法です。山岳会のように敷居の高いイメージはなく、登山初心者でも入りやすいことが魅力です。ただ、登山サークルによって規則があるので入る前に確認しておきましょう。

登山サークルは全国規模で展開しているサークルから、小人数で運営しているところもあり、レベルも様々です。インターネットやSNSでどんな登山サークルか、情報収集してから判断することが大切です。

登山サークルのメリット

登山サークルに入るメリットは、気軽に山仲間を探せることです。山岳会ほどではありませんが、仲良くなれば登山経験豊富な方から技術を学べることもできます。自分1人では行けなかった山にも、みんなで行くことでコスト的にも安くなったり、登山の幅が広がることもメリットです。

登山サークルのデメリット

登山サークルの方針によるところもありますが、登山より交流会が目的のサークルの場合は、男女間のトラブルが多っかたりします。また、仲良いメンバーで固まってしまうため、輪の中には入りづらいということもあります。

登山サークルの参加条件は比較的ゆるいので、中には協調性のない人や飲み会などにしか参加しない人もいます。性格的に相性が合わない人と一緒に登ることもありますので、登山サークルの雰囲気は事前にチェックしておきましょう。

登山サークルで山仲間を探すには

規則として禁止なサークルもありますが、複数サークルに所属し、自分が行きたい山と予定が合う日程に参加するという方も多いです。多くの人と出会う分、山仲間も見つけやすくなります。登山サークルも体験参加を実施していますので、気になるサークルをみつけたら一度参加してから判断するのがおすすめです。

登山ツアー、登山講座に参加して山仲間を探す

旅行会社が企画する登山やプロの山岳ガイドが開く登山講座などに参加して山仲間を探すこともできます。ツアーや講座ごとにガイドから技術を学ぶこともできるのも魅力的です。1人で参加しやすい環境作りもされているため、まわりに登山する人がいない方にはおすすめです。

登山ツアー、登山講座のメリット

登山ツアーや登山講座のメリットは団体に所属することなく自分のタイミングで参加できるところです。山へのアクセスも指定の駅に集合するだけで、あとはバスで移動という企画も多く比較的楽に山へ行くことができます。

さらに、プロのガイドがコースを案内してくれるため「迷う」ということがなく、安心した登山を楽しめます。ガイドさんから、歩き方のコツ、地図の見方など山の知識を学ぶことでスキルアップも可能です。

ツアーや講座の内容によってレベルも様々なので自分に企画に合った企画に参加するようにしましょう。

登山ツアー、登山講座のデメリット

登山ツアーや登山講座のデメリットは、「費用が割高」「事前予約が必要」「時間の制約」と大きく3つあります。費用は、山岳会やサークルで行くのと比べると、企画会社の手数料やガイド料が含まれるためどうしても割高になってしまいます。その分、安全を得られますが登山する頻度が高い人は出費が多くなります。

また、ツアーには予約が必要なため早目に予定を立てなければいけません。途中で予定が変わってしまい、参加できなくなると条件によってはキャンセル料が発生するためご注意ください。

大きいツアーになると20名規模になるため団体行動が前提になります。時間が決められているため歩く速度や休憩など自由が利かない場面が多々あります。もっとゆっくり景色を見たいのに…なんてこともあり、自分のペースで行動できないところに不自由さがあります。

登山ツアー、登山講座で山仲間を探すには

登山ツア―や登山講座は安全な登山ができることが一番大きなメリットなので、何から始めて良いのかわからない人やまわりに登山する人がいない方におすすめです。全国各地から色々な人が参加しますので、その中から気が合う山仲間を見つけるには、時間がかかるかもしれません。

まとめ

登山をする上で、気の合う山仲間を探すことは重要な課題といえます。登山道がしっかり整備され、人が賑わう山なら問題ありませんが、単独登山の場合「道に迷ってしまったのでは?」「怪我や滑落したらどうしよう」などと不安に陥ってしまいます。そんな時、1人でも山仲間がいると安心です。登山中、話ながら歩いたり、山頂に辿り着いた時には一緒に感動を分かち合うことができるのも山仲間の良いところです。

山仲間の探し方は色々あり、それぞれメリット、デメリットがあるのでよく調べてから探すようにしましょう。

みなさんが良い山仲間と巡り会えることを祈っております。

▼歩きをサポートしてくれるアイテム

▼PR広告

・IT・Web・ゲーム業界のエンジニア転職なら【Tech Stars Agent】
・NHKほかメディアで話題殺到! 女性が選ぶ婚活サイト「キャリ婚」
・【Ponta最強クラス】シェルPontaクレジットカード

▼山ハレ鳥トケ公式Twitter

山ハレ鳥トケのTwitterでは山歩きに関するニュースや最新記事のシェアを行っていますのでチェックください!

The following two tabs change content below.
山ハレ鳥トケ編集長。壮大な景色も好きだけど、山の中の小さな世界に魅力を感じます。里山、山城、街道など山と人の間を巡る山歩き紀行を書いてます。

関連記事

この記事に関連するキーワード

新着マガジン