登山初心者はまず何からやるべき?揃えておきたい装備と歩きやすい山 | 山ハレ鳥トケ

登山初心者はまず何からやるべき?揃えておきたい装備と歩きやすい山

山ハレ鳥トケ > 山歩き・暮らし > 山と暮らしのマガジン > 登山初心者はまず何からやるべき?揃えておきたい装備と歩きやすい山

登山初心者はまず何からやるべき?揃えておきたい装備と歩きやすい山

「登山を始めたいけど何から始めたらいいのかな?」と誰もがはじめに抱く悩みですね。登山は街の環境とは異なるので心構えとマナーは心得ておきたいものです。登る前に揃えておきたい基本装備にはどんなものがあるのかな?初心者におすすめの関東の山はどこだろう?今回はそんな登山初心者のみなさんのための情報が盛りだくさんです。



登山を始める前に知っておきたい心構えとマナー

登山初心者はまず何からやるべき?揃えておきたい装備と歩きやすい山

登山は命に関わることを忘れず無理しない

いきなり命という重たい話になるのですが、登山は楽しいものです。ですが、何とかなるという安易な考えが命取りになる場合があることを最初の心構えとしましょう。山は美しく、気持ちをすがすがしくしてくれますが、落雷、崩落、鉄砲水、野生動物などの自然ならではの危険が潜んでいます。

登山事故で一番多いのが遭難です。山を甘くみて遭難すると自分の命だけでなく、他の人の命さえ危険にさらしてしまいます。事前の登山計画とコースからそれないことは安全な登山に欠かせません。

登山初心者が陥りやすい落とし穴の一つが自分の体力を過信することです。山での体力消耗は激しいのに休憩や栄養補給を怠ってしまい、疲労困憊して動けなくなることがあります。また、早歩きしたり、転倒したりしてけがをし、歩けなくなることも危険です。自分は大丈夫と思わず、登山の心構えをしっかり身に着けてから山に挑むようにしましょう。

登山のマナー!これだけは知っておきたい

街中で信号を守るような明確な法律があるわけではありませんが、山には山のルールがあり、先人たちによる経験が共通の知識や経験として受け継がれてきました。その登山でのマナーやルールを守ることにより、気持ちよく登山をすることができ、トラブルも未然に防ぐことができます。

山でのあいさつ

見知らぬ人であってもあいさつし合うと爽やかな気持ちになるものです。山では当たり前の習慣です。すれ違う時は「こんちにちは」、追い越す時は「お先に」と言えると、登山がいっそう楽しいものになるはずです。疲れていても元気が出てきますね。

山では「登り優先」

登山道は幅が狭いものです。一人分の登山道で対向車が来た時は登ってくる人を優先しましょう。これは見た目の傾斜が登りか下りかで判断します。譲る側は山側にできるだけ身を寄せて待つようにしましょう。

ゴミとトイレのマナー

ゴミは家まで持ち帰る、山小屋にも捨てない!というのが山の基本ルールです。トイレではトイレットペーパーは流さない、不必要に水を使わない、歯磨き粉を使わない、残飯は捨てないなどエチケットも心掛けたいものですね。山は貴重な資源ということを忘れずに。

最初に揃えておきたい3つの基本装備

1)山歩きの必須装備「登山靴」

命を左右すると言っても過言ではないのが「登山靴」です。なぜなら歩けなくなると下山できない、避難できない、つまり死を意味することがあるからです。登山道はぬかるんでいたり、岩場や木の根があったりして歩きにくいものです。

スニーカーがダメな訳ではありませんが、登山靴はソールが硬く、足首が固定される設計になっているので疲れ方、ケガのリスクが断然違います。登山靴で普段通りに歩くのではなく、一歩一歩踏みしめながら歩くのがコツです。

2)荷物を入れる大事な装備「ザック

普段使っているリュックでもいいんじゃないかと考えがちですが、登山用ザックは快適な登山をサポートする有能なアイテムです。リュックと違って、背負いやすく疲れやすいという特徴を挙げることができます。例えば、ショルダーハーネスはクッション性のある素材で出来ているので負担を軽減してくれます。

ウエストベルトは腰で背負うことができるので、肩への負担を軽くします。コンプレッションベルトで荷物の量に合わせてザックを小さくし、荷物を固定することができるので重心が安定しより背負いやすくなります。

3)突然の雨対策に「レインウェア」

「山の天気は変わりやすい」と誰もが聞いたことのある言葉だと思います。そうなんです。日本の山は雨が多く、予想外の雨が降る可能性も高いのです。

雨に濡れると体温が奪われます。低体温状態になると体力が奪われます。山で大事なのは体温を保持することなので、レインウェアは必須アイテムと言えるのです。

レインウェアを選ぶポイントは防水性と透湿性です。防水性というのは雨や結露が浸透してこない機能のことです。透湿性とは汗などの湿気を外に出す機能のことです。

ゆくる始める登山!初心者にやさしい関東の山をご紹介

東京屈指の人気スポット「高尾山(一号路)」

登山初心者はまず何からやるべき?揃えておきたい装備と歩きやすい山

高尾山はミシュランで三ツ星に認定された、言わずと知れたハイキングやトレッキングの名所です。子どもからお年寄りまで楽しめる山として愛されており、今や世界で一番登山者の多い山とも言われています。

尾高山口駅を少し歩くとすぐに登山口に到着します。穏やかな石畳を歩き、小川のせせらぎを聞きながら登っていきます。尾高一号線のコース距離は約3.8km、標高は599.15mです。登山時間の目安としては登りが約100分、下りが約80分です。

初心者におすすめなのは、駅から近く、コースも整備されているので道に迷う心配がないということです。道中には茶屋も多く、トイレもあるので休憩にも困りません。疲れたら下りはケーブルカーを利用することもできる初心者にやさしい山です。

川の音に癒される「御岳山(ロックガーデン)」

登山初心者はまず何からやるべき?揃えておきたい装備と歩きやすい山

御岳山ロックガーデンは、東京都心部から1時間半ほどで行くことができます。青梅線・御嶽駅から10分ほどバスに乗り、ケーブルカー滝本駅に着きます。ケーブルカーに6分ほど乗ると標高831mの御岳山駅に到着します。そこからの眺めも最高ですが、さらに2時間ほどかけて周遊しながらロックガーデンへと向かいます。

「七代の滝」は静寂に包まれ、まるで秘境にでもやって来た気持ちにさせてくれます。鉄のはしごや木の橋を渡りながらロックガーデンを目指します。大小さまざまな岩石の間を沢が流れ、木漏れ日が岩苔エメラルドグリーンに照らします。幻想的な景色を体感することができます。新緑の季節も紅葉も楽しめます。

大きな白馬に会いに行く「陣馬山」

陣馬山は東京都と神奈川県の境にある人気の山(標高854.8m)で、東京からも日帰りで行けます。アクセスのよさ、整備された登山道、山頂に茶屋やトイレがある、近くに温泉があるなどの理由で初心者でも安心して挑戦できる山です。

山頂には「白馬の像」がシンボルとしてそびえたっており、記念撮影に列ができるほどです。山頂から見える360度の大パノラマは圧巻です。富士山、丹沢、秩父、晴れていれば筑波山や房総半島まで望むことができます。かながわの景勝50選にも選ばれるほどの絶景です。

まとめ

街や観光旅行と違い山では食事やトイレなどとにかく不便なことが多いです。山ならではのマナーがあるのは「自然を大切にする」「安全登山」という想いが前提にあります。また、登山装備も自分の命を守るために必要なものです。

基本的なことを理解したうえでの登山はとても素敵なもの。花や植物など自然にふれあい、写真や山ごはんを楽しみながら登山を始めてみてはいかがでしょうか。

▼山歩きに役立つ本

▼山歩きをサポートしてくれるアイテム

▼PR広告

・IT・Web・ゲーム業界のエンジニア転職なら【Tech Stars Agent】
・NHKほかメディアで話題殺到! 女性が選ぶ婚活サイト「キャリ婚」
・【Ponta最強クラス】シェルPontaクレジットカード

▼山ハレ鳥トケ公式Twitter

山ハレ鳥トケのTwitterでは山歩きに関するニュースや最新記事のシェアを行っていますのでチェックください!

The following two tabs change content below.
山ハレ鳥トケ編集部です。一人ひとりの山歩きの物語や山の歴史を紹介します。山歩きレポートなどや山歩きあるあるをもとにした4コマ漫画など山歩きを楽しくするWEBマガジンです。

関連記事

この記事に関連するキーワード

新着マガジン